痛風になったら痛むカラダ【気になる病気の確認方法】

看護師

人気の理由や今後の動向

人気の理由とは

悩み

痛風とは血液中の尿酸値が高い状態をそのまま放置することで、足指の付け根や足首などに起こる急性の関節炎のことを指します。尿酸値の基準としては7.0mg/dL以上になると、高尿酸血症と診断されて痛風発作が起きるリスクが高まるとされています。この痛風発作を抑えるためには血液中の尿酸値を下げる必要があります。そこで多くの人が興味を持つのが、痛風に良いサプリメントかもしれません。人気のある痛風サプリメントの特徴としては、サポニンや案セリンといった血液浄化・サラサラ成分が含まれていることが挙げられます。またカリウムや葉酸などの尿酸の排出を促す成分が入っていたり、発作の原因となる活性酸素を除去する成分が含まれていることも挙げられます。

今後の動向

痛風発作といえば、中年のおじさんがなる病気というイメージを持つ人は多いかもしれません。確かにこの病気の男女比をみても圧倒的に男性が多いです。またかつては40代以降の中年男性の罹患率が高かった病気でもあります。しかし最近では若い人でも痛風発作になるケースがあります。近年では30代の患者も増えてきています。年代別でみると、現在は30代の患者数が最も多いようです。また20代の患者も増加傾向にあるようです。つまり以前とは異なり決して中年のおじさんの特有の病気ではなくなっています。またかつて痛風は贅沢病と言われていました。しかしかつて贅沢と言われていた食べ物が、今では普通に食べられるようになってきたのです。そのため今後、痛風は誰にでもかかる可能性のある病気となったのです。